メンズはパーマをあてるべき?どんな方にオススメ?

パーマ

お世話になっております。大阪 松屋町駅5番出口 徒歩10秒にある”24時まで受付が魅力のマンツーマン対応美容室” All Mineの大谷です🌖

毎回、同じ髪型で飽きてきた・・・

変化をつけたいけど、パーマってどうなの?

↑このようなことを感じていませんか?

髪型を大きく変えることのできるパーマ。
毎月のようにカットする方は特に”髪型の変化を求めている”ケースが多く、飽きている状況が続きます。中にはショートスタイルのため変化のつけようがない方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では”男性にパーマをオススメする理由・どのような方にオススメなのか?”について解説していきます。

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

メンズはパーマをあてるべき?

結論としては”男性はパーマをする方がいい”です。

男性がパーマをした方がいい理由
  • 雰囲気がガラッと変わる
  • 1日中、髪型をキープできる
  • 必要なボリューム感が出るため、明るい印象になる
  • 毛先に動きが出るため、明るい印象になる
  • そこまでダメージは出ない

そもそも、強いクセ毛の方以外はボリュームが出ないことを悩んでいることが多いにも関わらず改善しようとしないケースがあります。

パーマをあてたことのある方は”スタイリングのしやすさ・ボリュームの維持”を体感しているためリピートをする方が多いですが、パーマをあてたことのない方は一歩踏み出せず”損をしている”と言えるでしょう。

どんな方にオススメ?

  • 直毛の方
  • トップ・後頭部にボリュームのない方
  • 前髪を”上げたい・立てたい”方
  • ”外ハネ”を作りたい方
  • 不必要なボリュームを抑えたい方
  • スタイリングしても1日中、髪型が保たない方
  • イメージチェンジをしたい方

直毛の方

直毛の方は”立たせるて作る髪型”には最適な髪質ではありますが、”サイドの髪がすぐに広がってくる・メリハリが出にくい”などのデメリットがあります。

少し伸びただけで髪型がまとまらず、”スタイリング剤だけで抑え込む”というような方法では頭皮にも悪影響を与える原因になりますので、全体的に丸みを加えて長保ちする髪型を作りましょう。

スタイリング剤を毎日たくさん使う方は月に1度はヘッドスパをしておきましょう

トップ・後頭部にボリュームのない方

髪型において”トップ・後頭部”はバランスを決める大切なポイントです。

『不思議と元気がないように見えてしまう・横から見た時にメリハリがなく見える』など1部分のボリュームがないだけで印象がかなり変わります。

”顔が大きい・小さい・年齢”などに関わらずたった1つのポイントを抑えるだけでバランスの取れた似合う髪型になるため、かなりオススメです。

前髪を”上げたい・立てたい”方

元々の生え方が真下に生えてる方は前髪が上がりにくい傾向にあります。

ドライヤーでクセをつけても上がらず、Wax・スプレーで固めてもすぐに降りてくるような髪質はどうしようもありません。

そのような方は前髪だけパーマをあてることで”乾かすだけで仕上がる前髪”を作ることが簡単にできます。

前髪を上げることで明るく・元気な印象になるため人と対面する機会が多い方にオススメです。

”外ハネ”を作りたい方

基本的に”外ハネ”をパーマで完璧に作ることは不可能です。

ですが、『スタイリング時に外ハネを作りやすくする手伝い』としてのパーマならあてることができます。ストレートアイロン・カールアイロンなど外ハネをよく作る方は試してみましょう。

不必要なボリュームを抑えたい方

外ハネパーマに関係しますが、外ハネを作る工程では根本の髪を押さえ込んでロッドを巻き込むため不要なボリュームを抑える役割を果たします。

サイド・襟足など髪型としてボリュームがいらない箇所は、事前に潰しておくとより似合う髪型になります。

スタイリングしても1日中、髪型が保たない方

そもそも”スタイリングした髪型が保つ保たない”というのは”根本から毛先にかけて立ち上がり・カールがあるかどうか”によって決まります。

パーマをしていない髪は元に戻ろうとする力が強いため、”ドライヤー・Wax・スプレー”をしても時間と共にヘタってきます。

保たれる髪型は”パーマ・Wax・スプレー”をしている髪の状態をいうので一日中キープしたいなら”パーマ”は必須です。

イメージチェンジをしたい方

”今の髪型・自分自身のイメージ”に飽きている方はパーマをすることで印象が180度変わります。

形を変えることで”知的・大人・可愛い・カッコイイ”など印象がかなり変わるため、カラーやカットなどで変化をつけるのもオススメですが、”パーマ”という選択肢も入れてあげるといいでしょう。

髪質・履歴によってパーマの保ちが全く違う

パーマの持続日数は髪質・履歴によって異なります。

  • 直毛・軟毛・剛毛・クセ毛・薄毛
  • カラーもパーマもしていない
  • カラーをしている
  • パーマをしている
  • ブリーチをしている
  • 縮毛矯正をしている

カラー・パーマをしている方は比較的長く2,3ヶ月ほど維持することができます。

カラー・パーマどちらもしていない方は1ヶ月ほど維持することができます。

ブリーチ・縮毛矯正をしている方は基本的にパーマはあたらないため施術は避けましょう。

髪質による維持期間は使用する薬剤によって異なるため一概にはお答えできません。

まとめ

男性にとってパーマは簡単にイメージを変える、1日中バランスのいい髪型を維持することのできるオススメのメニューになります。

”今まで1回もパーマをあてたことのない方・パーマをあてていたが今はもうしていない方”は気軽にパーマの相談をしてきてください。

パーマを施すだけで本当に毎日のスタイリングが変わります

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

タイトルとURLをコピーしました