パーマをあてなおすタイミングはいつ?ペースを把握しておこう

パーマ

お世話になっております。大阪 松屋町駅5番出口 徒歩10秒にある”24時まで受付が魅力のマンツーマン対応美容室” All Mineの大谷です🌖

1ヶ月前にパーマをあてたけど、次はいつあてればいいの?

↑このようなことで悩んでいませんか?

髪型に大きな変化をつけてくれる”パーマ”

1ヶ月に1度・半年に1度など人によってペースは異なり、担当の美容師さんに勧められるまま施術をしてもらっている方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では”毎回パーマをしている方・これからパーマをしようと考えている方”に”パーマあてるペース・種類”について解説していきます。

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

パーマはどれくらい保つ?

  • 普通のパーマで2〜3ヶ月ほど
  • デジタルパーマで半年ほど
  • パーマの種類にもよる
  • 髪質による

パーマの持続期間は利用するメニュー・髪質によって大きく異なります。

”普通のパーマ・デジタルパーマ・直毛・軟毛”など状況により適したメニュー・薬剤を選んでもらう必要があり、髪に合っていない場合は”あたらない・あたりすぎ”などの原因となります。

性別によってあて方も異なります。

パーマをあてなおすタイミングはいつ?

ここでは普通のパーマを基準にまとめています

やわかい髪質かたい髪質クセ毛直毛
女性2ヶ月3ヶ月3ヶ月2ヶ月
男性1ヶ月2ヶ月2ヶ月2ヶ月

性別・髪質によってあてなおすタイミングは異なりますが、パーマの持続は最長でも3ヶ月ほどが限界になっています。中には半年ほど持続する方もいますが、髪が伸びきっている状態になっていますのでヘアスタイルが崩れている傾向にあり手入れが必要な状態です。

”直毛・クセ毛・軟毛・剛毛・髪型”など髪質によってパーマのあたり方やあてる頻度が全く異なるため、相談しながら計画をたてていきましょう。

一般的に『全体パーマ→ポイントパーマ→全体パーマ』という順番がオススメです

髪質別|パーマの対応方法

女性(柔らかい髪)

  • 2ヶ月に1度のパーマがオススメ
  • ”あたりにくく、とれやすい”ため毎回しっかりあてる
  • 広がりやすいため、しっかりオイルタイプの流さないトリートメントをつける

女性(硬い髪)

  • 3ヶ月に1度のパーマがオススメ
  • 持続しやすいため、頻繁にあてる必要はない
  • パーマ後は髪が硬くなりやすいため、しっかりミルクタイプの流さないトリートメントをつける

男性(柔らかい髪)

  • 1ヶ月に1度のパーマがオススメ
  • 1ヶ月ほどでとれることが多い
  • ポイントパーマをトップにあてるのがオススメ(状況による)

男性(硬い髪)

  • 2ヶ月に1度のパーマがオススメ
  • 持続しやすいため、頻繁にあてる必要はない
  • ポイントパーマをトップにあてるのがオススメ(状況による)

パーマの種類別|あてなおす頻度

普通のパーマ(コールドパーマ)

  • 平均2ヶ月〜3ヶ月
  • ショートヘア=1ヶ月
  • ロングヘア=2,3ヶ月

従来のパーマでは2,3ヶ月ほどが継続して髪型を楽しめる基準でしょう。普通のパーマである”コールドパーマ”は”乾かすほど緩く・伸びる”ためムースやワックスなどでキープする必要があります。

ショート・ロングヘアなど髪型によってパーマをあてる必要な箇所が毎月異なりますので、1度相談していただければと思います。

デジタルパーマ(ホットパーマ)

  • 平均4ヶ月
  • ショート=2ヶ月
  • ロング=4〜6ヶ月

デジタルパーマは普通のパーマに比べて持続力が強く、1年に2回ほどあてればOKというメニューになります。

乾かすことでカールがしっかり表現され、コテ・ホットカールなどで巻いたような髪型を作ることができますので毎日のスタイリングが面倒な方にオススメです。

別名”形状記憶パーマ”とも呼ばれているため、縮毛矯正のように作ったヘアスタイルをカットするまで維持できるのが魅力でもあります。

パーマをする方は注意は必要

  • カラーの時に暗くなりやすい
  • 乾燥しやすくツヤが減る
  • 髪が細くなる
  • パーマをした日はシャンプーは控える
  • パーマとカラーを同日にしない方がいい

上記のようにパーマには様々な注意点がありますので、”髪の履歴”を把握しておくことが大切です。パーマをいつしたのか?カラーをいつしたのか?などの履歴を答えれない場合、いい結果になりにくいため注意してください。

なお、パーマをあててる髪は”細くなる・乾燥する・ツヤが減る”などの症状が出ますので、その都度ケアが必要です。

”細くなる・乾燥する・ツヤが減る”などの症状に悩んでいる方は1度ご相談をいただければと思います。

まとめ:パーマをあてなおすペースは相談して決めよう

パーマをあてなおすタイミングについてまとめてきました。

  • パーマの種類・髪質によるため相談がオススメ
  • 毎回全体パーマをするのではなく”ポイントパーマ”も間に入れるといい
  • 髪質・パーマの仕上がりによってスタイリング剤・トリートメントなどを使い分ける

パーマは髪の形を大きく変え、ボリュームを簡単に出してくれるオススメのメニューです。多少ダメージが出ることがデメリットにはなりますが、正しいケアをすることで思い通りにスタイリングができるため変化を求めている方は検討してみましょう。

All Mineではパーマをメニューとして出していませんが、ご来店の際に希望をお伝えしていただければ相談にのります。

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

タイトルとURLをコピーしました