美容室はどうやって選ぶ?良いヘアサロン・悪いヘアサロンの違いとは

美容室|事情

お世話になっております。大阪 松屋町駅5番出口 徒歩10秒にある”24時まで受付が魅力のマンツーマン対応美容室” All Mineの大谷です🌖

当店(All Mine)を出店している松屋町だけでなく、日本中・世界中に美容室が乱立している昨今、引っ越しや転勤などで”お気に入りの美容室・通い続けたい美容室”がなく美容室ジプシー(難民)になっている方は多いのではないしょうか?

そこで本記事では美容室の選び方・良いヘアサロン・悪いヘアサロンなどについてまとめています。

美容室選びと美容師選びは別です

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

美容室はどうやって選ぶ?基準は?

  • ホームページをチェックする
  • 店構えをチェックする
  • クチコミをチェックする
  • SNSをチェックする

ホームページをチェックする

ホームページに載せている店内のイメージ・店のコンセプトを選ぶ基準にしてみる

現代においてお店のホームページは”店の看板”と言えます。

ホームページが”古い・汚い・まとまっていない”お店はスタッフの性格・店内の雰囲気も良くない傾向にあります。

『店の看板がキレイなサロン・汚いサロン』あなたならどちらを選びますか?

ほとんどの方が”看板がキレイなサロン”を選ぶと思います。中には逆の発想をする方もいるかとは思いますが・・・

要はホームページという店の看板をキレイに保っているかどうかで”やる気・想い”を感じ取れるということです。

>>>当店のホームページはこちら

店構えをチェックする

店構えによって年齢的に入りやすいかの基準になる

ホームページはネット上の看板ですが、リアル看板(店構え)も大切なポイントです。

ヘアサロンの前を通るたび、常にキレイな状態ならスタッフのモチベーションが高く暖かく迎え入れてくれるでしょう。逆に店の前に置いている花が枯れガラスには手形やほこりが残っているようなヘアサロンはモチベーションが下がっていてやる気が低い証拠です。

グランドオープンして間もないサロンでは見分けがつきにくいかもしれませんが、1年ほど経過しているサロンの場合はスタッフの性格やモチベーションが店構えに現れますのでチェックしておきましょう。

クチコミをチェックする

クチコミをチェックすることで長く通えるか居心地のいいサロンかの基準になる

クチコミといってもGoogleやホットペッパー・楽天など色々あります。

”クチコミ=星の数”という基準で判断することが多いと思いますが、星の数が多いほど信用できるヘアサロンと言えるでしょう。

中には星を多くつけてくれるよう口頭でお願いしているケースも当たり前にありますし、値引き・サービスなどを条件にその場でいい感じに書いていることも当たり前にあります。このような状態では信用がなくなり逆に行きたくないヘアサロンと印象付けられても仕方ないかもしれません。

ですが、逆にそのような感じでクチコミを書きたくない方も多くいるため退店後にクチコミを消すこともできます。なおかつ、良い感じのヘアサロンだったからこそクチコミに協力し退店後もクチコミを消さず「頑張って欲しい・通いたいから潰れないでほしい」というような思いから良い評価をしている方がいるのも事実です。

>>>当店のGoogleクチコミはこちら

SNSをチェックする

SNSをチェックすることでどのような年代が利用しやすいか、どんなヘアスタイルが得意かの基準になる

近年のヘアサロンではSNSに手を出していることが当たり前になっていますが、SNSに力を少しでも入れているヘアサロンは良いと言えるでしょう。

何かを少しでも自分から発信しているサロンほど変化を求め、向上心がある証拠です。

例えばInstagramなら写真がメインになりますので、そのお店のお客様のスタイル写真が掲載しているケースが多いため年齢層や男女比率・得意なスタイルなどをチェックすることができます。

ホームページやホットペッパーなどでも写真は掲載していますが、1番リアルに近いお店の情報を知ることができます。中には”フォロワーの数”を基準にしている方がいますが、そこは個人個人の考えです。

*”Instagram”をチェックすることが1番オススメ

  • Instagram・Twitterなどの画像・動画のほとんどは加工しているため鵜呑みにしないでください
  • 客寄せパンダにしているケースが多い


>>>当店のInstagramはこちら

良いヘアサロン・悪いヘアサロンの違いとは

*基準は人それぞれです

良いヘアサロン

  • スタイル提案・今後の計画を明確にしてくれるサロン
  • 聞く側の立場で接客してくれるサロン
  • 無理なメニュー提案・店販販売をしないサロン
  • SNS発信を少しでもしているサロン
  • 新規のお客様を快く迎えてくれるサロン
  • チラシ配りを定期的に行っているサロン
  • 経営しているサロンの今後の計画を持っているサロン

上記のような項目が当てはまると”良い方”だと思います。

ほとんどの人間は話を聞いてほしい方が多い傾向にありますので、自分のことばかり話す美容師より話を聞いてくれる美容師の方が居心地がいいです。中には”会話なしカット”というメニューを組んでいるヘアサロンもあるため一概ではないですが・・・

今ではインターネットで新規のお客様を集めることが当たり前になっていますが、スタッフ自らチラシ配りをしているサロンは意外にいいと思います。

空いた時間を有効に使い、寒い日も・暑い日も頑張っているサロンはしっかり向き合った接客をしてくれる可能性が高いです。

悪いヘアサロン

  • スタッフが疲れ切っているサロン
  • 目標や野望が感じられないサロン
  • 単純に技術が下手なサロン
  • 店内・店外・HPなどが汚いサロン

今後の目標や野望がない・意識の低いサロンは低迷していく可能性が高いためあまりオススメしません。中でもスタッフが疲れ切っている・技術が下手なサロンはベルトコンベア式に仕事を回しているだけ感が強いため向き合って対応してくれることはないでしょう。

上記のようなことは1度サロンに行かないとわからないことではありますが、行かずに判断したい方は”店内・店外・HP”などをチェックしておきましょう。

まとめ:美容室はどうやって選ぶ?良いヘアサロン・悪いヘアサロンの違いとは

簡単な美容室選びをまとめてみました。

  • 看板・SNS・ホームページ・クチコミなどをチェックする
  • 実際に来店したことのある人からの評判が1番
  • 自分の中でのヘアサロンの基準を決めると効率よく決められる

人それぞれ”良いヘアサロン・悪いヘアサロン”の基準は異なりますが、本記事でまとめていることは意外に当てはまるのではないでしょうか?

新しいヘアサロンを探し続けることも良いですが、ある程度の妥協も大切です。数回通うことで担当者によっては合ってくることもありますので焦らず決めましょう。

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

タイトルとURLをコピーしました