流さないトリートメントの正しい使い方・つけ方|オイルだけではNG

ヘアケア

お世話になっております。大阪 松屋町駅5番出口 徒歩10秒にある”24時まで受付が魅力のマンツーマン対応美容室” All Mineの大谷です🌖

普通のトリートメントは使ってるけど、流さないトリートメントも使うべき?どうやって使うの?

↑このようなことで悩んでいませんか?

お風呂場で使うトリートメントはヘアケアに必要不可欠なものですが、流さないトリートメントも併用して使うとより髪の状態が良くなります。

流さないからこそ髪に栄養分が浸透し、思い通りのヘアスタイルに近づくことができ自分でスタイリングする時も簡単に作ることができるようになります。

”流さないトリートメント”を使っている方も使っていない方も本記事をチェックし、見直してみましょう。

\お問い合わせはこちら/

TEL:070-2308-3430

公式アプリからネット予約ができます。

>>>公式アプリ|インストールはこちら

流さないトリートメントには多数のジャンルがある

そもそも流さないトリートメントにはいくつか種類があり、使い方・効果が異なりますのであなたに合ったものを見つけましょう↓

  • オイル系
  • ミルク系
  • ミスト系

オイル系

  • 主に髪の表面にコーティングをする
  • ドライ前・後に使える
  • 熱・紫外線から髪を保護してくれる
  • 乾燥しにくくなる
  • ツヤ・光沢が作れる

オイル系のトリートメントはコーティングをするのが役目になっています。
夏の紫外線やドライヤーの熱など外的ダメージから髪を守ってくれるため、乾燥しにくくなりツヤを出してくれる効果があります。

特に乾燥・クセによる髪の広がりが気になる方、ドライ後に使うことで収まりのいい髪型をキープすることができ長時間広がりを気にする必要がありません。

ものによっては”補修効果+コーティング”が備わったオイルも販売されています

ミルク系

  • 主に髪の内部に栄養を入れる
  • ドライ前に使うもの
  • ダメージを受けている方にオススメ
  • しっとりまとまる
  • スタイリングがしやすくなる

内部に栄養を入れることで、”髪が柔く・しなやか”になるため扱いやすい状態をキープすることができます。

特にダメージを負っている髪は内部に空洞が多く、軽くなっているため広がりやすい傾向にあります。ですが、流さないトリートメントのミルクタイプを使うことで髪全体に重みが出るためまとまりのある髪型を作ることができます。

なお、栄養分をしっかり含んでいる髪はハンドブローだけでもまとまりのあるスタイルにできるため、かなりオススメです。

ミルクタイプの中にも”しっとりするもの・サラっとするもの”などタイプが分かれていますので、どのような仕上がりにしたいかで選びましょう。

ミスト系

  • 主に髪の内部に栄養を入れる
  • ドライ前に使うもの
  • 軽い仕上がりにしたい方用
  • 手がベタベタしない

ミルクタイプと効果は似ていますが、ミストタイプは”吹きかける”というイメージのトリートメントになります。

ベースが水分系になるため、軽く仕上がるのが特徴です。ダメージが少ない方にオススメになり、ミルクタイプよりはかなり頼りないイメージでもあります。

ミストタイプにも”しっとり・サラサラ”から選ぶことができます

ミルク・オイルタイプの兼用がオススメ

  • 乾かす前にミルクタイプを使う
  • 乾かした後にオイルタイプを使う
  • 内部補修+コーティングの効果が得られる

上記のように兼用することで内部・外部どちらも状態が良くなり、髪型を作りやすい状態になります。

「髪が明るい・ブリーチをしている・まとまりにくい・乾燥する・広がる・髪が思い通りにならない」などの悩みを早急に解消する方法になります。

流さないトリートメントの正しい使い方 ・つけ方

ミルクタイプ+オイルタイプを例にあげています↓

  1. 乾かす前にミルクタイプを中間〜毛先に均等につける
  2. 手に余ったトリートメントを根本付近までつける
  3. クシでとかす
  4. ドライヤーで乾かす
  5. 乾かした後にオイルタイプを中間〜毛先に均等につける
  6. 手に余ったトリートメントを薄く根本付近までつける
  7. クシでとかす
  8. 完了

使う量は”髪質・ダメージレベル”によって異なりますので、どれくらいの質感にしたいかで調整するといでしょう。

なお、”髪が生まれつき少ない方・髪が細くぺたんこになる方”は最小限の使用量でOKです。

オイルトリートメントは朝〜夕方まで保ちますが、夕方以降は効果が薄くなるため再度、使うことをオススメします。

まとめ:ミルク・オイルの併用がオススメ

流さないトリートメントの使い方・つけ方についてまとめてきました。

  • ミルク・オイルタイプを併用するのがオススメ
  • ミストタイプはあまりオススメしない
  • しっとりとした質感にしたいなら多めに使う
  • 軽い質感にしたいなら少なめに使う

美容室で『どのようなものを使っているのか?どう使っているのか?』を見て、聞いてみることをオススメしますが、近々サロンを利用しない方は本記事を参考にしてください。

当店で使用している流さないトリートメント

タイトルとURLをコピーしました